借金返済でも信用情報が重要です

 

借金返済でも信用情報が重要です 大きな買物の支払いをする時にローンを利用する機会があります。ただそれを扱っている金融機関は多数あるため、人によっては複数の金融機関で融資を受けている事もあります。そういった複数の金融機関で利用している借金を一つにまとめるのがおまとめローンです。ただ、おまとめローン自体は誰でも利用できるかと言ったらそうではありません

 

 まず重要なのはその人にお金を貸しても大丈夫だと金融機関が判断する必要があります。その判断基準は金融機関ごとに異なるので、一概には言えませんが、過去に携帯電話や、公共料金の支払いで滞納等があると少々厳しいと言って良いでしょう。これらは全くローンに関係ないのではないかと思われてしまうかもしれませんが、決してそうではありません。もう一つ注意すべきなのは、携帯電話の機種代金を分割で払っている人は、それが信用情報機関に登録されます。勿論、借金延滞をすると、それが事故情報として記録されてしまうので注意しましょう。

 

 自分ではローンを利用しているつもりはなくても、実は公共料金や携帯電話の料金等ほぼローンと同じ様な事をしている場合もあります。日頃からしっかりとお金の管理をして、どういったものに対しても延滞・滞納する事だけはやめましょう。しっかりと返済し続けていれば、この人には融資しても大丈夫だと金融機関側も判断してくれるので、借金返済のおまとめローンの審査にも落とされにくくなります。

 

ここがポイント!

 

信用情報として毎月の公共料金や携帯電話の料金の支払いにも注意が必要です!

 

おまとめローンで信用情報が重視される理由

 

おまとめローンで信用情報が重視される理由

 おまとめローンを利用して複数の金融機関からの借り入れを一つにまとめることは、多重債務者にとっては精神的にも、毎月の返済額や利息の点でも大きなメリットがあります。おまとめローンは多重債務者向けの借り入れ商品ですが、多重債務者なら誰でも無条件で利用出来るというわけではありません。おまとめローンの借り入れに際しては、通常の借り入れと同じように最初に審査が行われます

 

 おまとめローンは、複数の借り入れを一つにまとめるという借り直し商品です。そのため、審査ではこれまでの返済状況がしっかりチェックされ、遅延や滞納がなかったかが調べられます。これは、おまとめローンを提供している金融機関にとっては、融資した資金を回収できるかどうかを判断する重要な材料となるため、もしもこれまでに返済遅延があったりすると、おまとめローンの審査に落ちてしまう結果になりかねません。

 

 おまとめローンの審査基準は、金融機関によって異なります。かなり厳しい所もあれば、遅延や滞納は何回までOKという所もありますし、現在滞納していなければ過去の滞納は大目に見てくれるという所もあります。一般的に、審査が厳しい金融機関では金利は低めの設定となっていることが多く、消費者金融よりも銀行の方が審査は厳しくなります。

 

 もしもおまとめローンの利用を考えている人は、過去の滞納や遅延に関しては記録を変えることは難しいですが、現在の遅延や滞納がないように気を付けることが大切です。もしも支払いが遅れているものがあるのなら、おまとめローンの申し込みをする前に完済することをおすすめします。

 

ここがポイント!

 

過去の滞納や遅延は信用情報に深く関係しているから、今からでも気を付けよう!

 

借金返済時の信用情報と審査の関係性

 

借金返済時の信用情報と審査の関係性

 金融機関には銀行や消費者金融などいくつかの種類があります。どの金融機関からお金を借りた場合でも、その返済状況は第3信用情報機関に毎月報告されていることはご存知でしょうか?信用情報機関では、誰がどこからいくら借りていて、返済状況は遅れていないかどうかといった細かい情報をデータベースとして保管しています。そして、万が一返済が遅れたりすると、その情報は事故記録として信用情報機関に記録されることになります。事故記録は、その内容によって数年間残ってしまうため、その期間はクレジットカードやローンなどの借り入れを始め、アパートを借りたりする際の審査にも通りづらくなってしまいます。

 

 金融機関からの借り入れ信用情報は、おまとめローンやキャッシングなどの借り入れの申し込みをすると、まず最初に審査という形で調べられます。審査基準は金融機関によって異なりますが、過去数年間の間にそうした遅延があると、即審査落ちという金融機関もあります。

 

 こうした遅延や延滞の情報は、クレジットカードやローン商品だけではなく、光熱費の支払いとか家賃の支払い、携帯電話の支払いなど、お金に関する支払い状況はすべて管理されていると考えると良いでしょう。もしもおまとめローンを利用して借金一本化を検討しているわけではない人でも、もしかしたら現在の返済遅延が、将来家を買ったり車を購入する際に、マイナスの影響を及ぼすかもしれません。そうならないように、普段から返済はしっかりと遅れないように行いたいものです。

 

ここがポイント!
毎月の支払いは第3信用機関に毎月報告されているので、遅延や延滞には要注意!