総量規制と言うのは何かと賛否両論ありますが、基本的には良い制度です。これは借りすぎることを抑えるための規制であり、概ね、設計思想としては良いことになります。ですが、総量規制外となっている金融サービスも色々とあります。

その一つが銀行のカードローンです。これはそもそも銀行とは金融の法律の中でも銀行法というのが適用されているからです。対象となる総量規制の金融サービスとは消費者金融などのキャッシングになります。これは貸金業という法律が関係してきています。

では、総量規制外のカードローンであれば借り放題であるのか、というとそれはまた別問題になっています。そもそも貸してくれるかどうかは金融機関側の裁量になるからです。総量規制とはあくまで上限が定められているだけですし、銀行はその対象外であるとしてもまず銀行自体がかなり厳しい審査をするので殆どの場合、年収の三分の一以上の貸し付けは目的ローンでもない限り、させてくれないからです。

そうした意味では銀行が対象外になっている、というのも納得がいくことです。かなり難しいことではありますが、総量規制以上に借りたいのであれば銀行のカードローンを選択肢に入れることです。